2018年12月20日木曜日

ホームページのお引越し

いつもPresence of Musicにお越し下さる皆様、大変ご無沙汰しております…

ホームページの更新がなかなか出来てないなぁと思って最後の更新日付を見たら
2016年12月25日というものが目に飛び込んできまして、一瞬フリーズしました(笑)
2017年は資格取得のお勉強で忙しく、曲作りを始めてから人生初の一曲も作らない
一年になるという…試験は合格出来たので、まぁ良しとしたいところですが。
それまで長期間曲作りから離れたことが無かったので、その影響からか資格試験後も
なかなか作業は進まず、今に至った訳であります。
それでも今年はリハビリ(?)も兼ねて曲作りを再開し、やっとの思いで1曲出来たので
年内に更新をと思っていたらYahooから素敵なお知らせが(笑)

” Yahoo!ジオシティーズ サービス終了のお知らせ ”

?…??…!?!?…!!!!!
と言ったところでしょうか(笑)
ずーっと使ってたゲストブックも突然終了しましたし、おいおい困るよ~というか
ものぐさな私としては少々困った事態です、とほほ…
まぁここで嘆いていてもしょうがないので、ご案内に従って他サービスへ移行するしか
ありません。

ということで、ホームページのお引越し作業を進めて参りますので場合によっては
ページが表示されなかったりといった不具合が起こる可能性があります。
アドレスも http://www.geocities.jp/presence_of_music/ こちらは最終的に使用不可に
なります。http://www.presence-of-music.com/ こちらは引き続き使用可能になるかとは
思うのですが…
今回のようなホームページのお引越しは初めてなので、少々時間がかかってしまうかも
知れませんが、作業完了まで暫くお待ちください。
進捗状況などはこちらのブログでご報告させて頂こうかと思っているので移行完了までの
間はブログを確認して頂ければと思います!
年末の忙しい時期に加え初めての作業なので不安しかないですが…まだレンタルサーバー
すら決めてません、誰か励まして下さい(笑)

それでは、良いクリスマスを!!(笑)

2017年5月2日火曜日

ヨウコソ!コソコソ!

世間はGWと言いますが、昨日も今日も仕事の私はGW?といった心情…
あ、ついでにプレミアムなんちゃらとかいう奴とも無縁の職種です( ´_ゝ`)

そんなやさぐれた心を癒してくれるのはちょっと猫背気味(?)の可愛いロボ達。
そして人間より人間臭いアンドロイド達。たまに野生動物。
そう、手を出すつもりの無かったNieR:Automataです…
前作同様音楽が非常に良いので、そこに魅かれた感じはありますが。
まぁただ癒されるというのは大嘘でこの狂気に満ちた世界に飲み込まれそうです(笑)
それでもDODに比べれば優しい世界ですよね、きっと。
ただ、前作がそのDODの新宿EDから後の世界の話と考えると、もう怖い!!(笑)
前作の設定資料集を持っているのですが、ゲシュタルト計画の年表を見ているだけで
怖いです(笑)
そんな恐ろしい設定があるとも知らず手を出したNier RepliCant。
前作の壮絶な展開と設定がトラウマになりながらも手を出して"しまった"NieR:Automata。
こ、これがヨコオワールドの力なのか…

今もパスカルの村の音楽を聴きながら作業しておりますが、ニーアシリーズは特に
音楽が良いんです。1つのゲーム中で好きな曲ってそんなに多く無かったりするんですが、
ニーアシリーズに関しては好きの割合がダントツです(笑)
ハッキングモードで音楽が8bitアレンジに変わるのも面白いですね。
同じ曲でも色々バリエーションがあって、サントラに収まらない程だとか…

登場人物(?)も皆個性的で大好きになっちゃいます。
2Bと9Sのコンビも好きなんですが、個人的なお気に入りは遊園地の受付ロボくんです(笑)
もう元気いっぱい(に見えます 笑)に「遊園地にヨウコソ!コソコソ!」と出迎えて
くれるんです。パスカルの村にも愉快なロボが沢山いて楽しいです(笑)

周回プレイする度に真相に近づいていくというか、絶望的な何かが待っているのは
分かってるんですが(ニーアはキツくて途中でやめました 笑)今回は自力でEエンドまで
プレイしました。途中アジ食って死んだり道を外れて終わったりしましたけど(笑)
知らぬが仏というか、見ない方がいいのかも知れないと思いつつ進めましたが、
意外にも熱い展開に感涙です。最後のえげつない弾幕シューティングがDODの
鬼畜音ゲーを思い起こさせますが、まさか世界中の他のプレイヤーにあんな形で
助けられるなんてそれだけでも感動なのに、それと同時にバックのテーマ曲が
突然合唱モードに。ここで完全に涙腺崩壊(笑)後に助けてくれた人達は誰かを救う為に
全セーブデータ消去を行ったと知り、また涙…ポッド042の熱い言葉にも涙…
まさかNieR:Automataで感動の涙を流すとは…(笑)

NieR:Automataに関してはハッピーエンドと言えるような気がしないでもないですが、
如何でしょう。
それでは、人類に、栄光あれ!!

2017年3月19日日曜日

美しく難解な47弦

だいぶ暖かくなってきましたねー
そして花粉症の方は苦しむ季節到来ですね(笑)
私もマスク付けっぱなしです…

こんな時はやはり室内で曲作りでも、という季節ですが
様々な楽器の中で個人的に割とよく使うのが皆さんお馴染みのHarp。
音域も広く、色々な場面で活躍してくれる素晴らしい楽器です。
一音一音の響きの優雅さや美しさは勿論ですが、何と言っても最大の特徴は
グリッサンドではないでしょうか。
サイトに掲載している楽曲でもHarpのグリッサンドを使用したものがあるのですが
ちょっぴり複雑なところがあるので(+面倒くさい…笑)打ち込みではなく
演奏データを貼り付けている曲もあります。
面倒くさいと言うのは和音的なグリッサンドを作成する場合、演奏時に弦を順番に
弾いていくので1octave7音を和音構成音に当てはめ、余った音は異名同音若しくは
響きが濁らないよう配置します。文章で説明すると自分でも意味不明ですが、そういう
ことらしいです(笑)実際に音を聴くとお~なるほど~と理解してもらえると思います。
Harpには7つのペダル(ドレミファソラシに対応)が付いておりまして、それぞれが
各Octaveの各音に働きます。またペダルは2段階踏み込むことが出来まして
1段階踏み込むごとに半音上げることが出来ます。この機能を使って調弦するわけですねー

と色々偉そうに書いていますが私自身まだまだHarpについて正しく理解出来ていないので
もっと勉強しないとなぁと思います…上記グリッサンドに関してもこの解釈で合って
いるのか怪しいですが…(笑)

楽器の特徴を知ることで曲のクォリティがグッと高まることもあるかと思いますので
やはりもっと勉強しないといけませんね。